NEWS

PFIの最新のニュースをおとどけします

2006年10月3日 12:00:00

Webアプリケーションのボトルネックを解消するオープンソースプラットフォーム「AzaraC」を発表


報道関係者各位 プレスリリース
2006年10月03日
株式会社 Preferred Infrastructure

Webアプリケーションのボトルネックを解消するオープンソースプラットフォームを発表

有限会社Preferred Infrastructure(本社:東京都練馬区、代表取締役:西川 徹)は、簡単に高速なWeb CGIを開発するためのフレームワーク『AzaraC(あざらし)』を公開します。

■概要

今回公開する『AzaraC(あざらし)』は、C++を言語としたCGIを作成するためのフレームワークを提供します。テンプレートによるデザインとロジックの分離、ページ更新時に自動的に再コンパイルする機能を搭載し、CGIの作成コスト・管理コストを最小限にします。そして、C++言語により高速なCGIの構築を可能にします。このフレームワークは、オープンソースで提供され、利用者は本フレームワークを利用して自由にWebアプリケーションを構築できます。

『AzaraC』は、Preferred InfrastructureのWebサービス・オープンソースプロジェクト公開サイト『labs.preferred.jp』にて提供されます。

■機能

・テンプレートエンジン

 AzaraCでは、Ruby on RailsやPHPなどと同様に、Webページにプログラムを埋め込むことを可能にする「テンプレートエンジン」を提供します。テンプレートエンジンを利用することにより、デザインとロジックを分離したWebアプリケーションの作成が可能になります。テンプレートエンジンによって作成されたアプリケーションは、実際にはネイティブで動作する実行コードに変換されるので、最高のパフォーマンスを達成することができます。

・CGI作成のためのライブラリ

また、CGIを作成する際に利用可能なCGI作成用ライブラリを提供します。このライブラリを用いることにより、Cookieの操作やユーザーからの要求の処理を容易に行うことが可能です。

・ページ更新による自動再コンパイル

AzaraCは、ページを実行可能コードにコンパイルすることにより高速なCGIの動作を達成しています。ページ更新時に、煩わしい再コンパイルを不要にするため、ページ更新を自動的に検知して実行可能コードを更新する機能を備えています。これにより、Webページの変更時に手動によるコンパイルを必要としません。

labs.preferred.jpについて

labs.preferred.jpでは、弊社が提供するWebサービスやオープンソースプロジェクトを公開しています。弊社が開発したソフトウェアをベースにしたサービスを公開しており、実際に製品の動作をサービスを通じて体験することができます。また、オープンソースプロジェクトでは、Webアプリケーション作成や効率的なソフトウェア開発支援ツール、エンターティメントソフトウェアなど多岐に渡るソフトウェアを公開予定です。

<本件に関するお問い合わせ先>
Mail:http://preferred.jp/contact.htm
URL:http://labs.preferred.jp/azarac/