NEWS

PFIの最新のニュースをおとどけします

2007年5月11日 12:00:00

連想検索エンジン『reflexa』のWeb APIを公開


報道関係者各位 プレスリリース
2007年 5月11日
株式会社 Preferred Infrastructure

連想検索エンジン『reflexa』のWeb APIを公開

有限会社Preferred Infrastructure(本社:東京都文京区、代表取締役:西川 徹)は、キーワードとキーワードの関連に基づき連想検索を実現する 「reflexa」のWeb APIを公開しました。

■概要

今回発表する「reflexa Web API」は、キーワードとキーワードの関連を計算し、入力されたキーワードに対して関連の深いキーワードを抽出することのでき る「連想検索」をWeb上のサービスから利用できるようにしたWeb APIです。このAPIを用いることにより、キーワードからキーワードへの連想機能をWebサービス に簡単に組み込むことができるようになります。

■特徴

弊社が開発した連想検索エンジン「reflexa」では、キーワード間の関連度を高速に計算し、入力されたキーワードに関連の深いキーワードを精度良く抽出する ことが可能です。本エンジンは、大量の文章を「確率モデル」を利用して分析す ることにより、キーワード間の関連度の計算を高精度で計算することができます。また、連想検索に用いるインデックスを圧縮技術を用いることにより効率的に格納することができ、非常に高速に連想キーワードの抽出が可能になっています。 今回発表するWeb APIは、reflexaエンジンの機能をWebサービス上から簡単に利 用できるインターフェイスを提供いたします。本APIを利用することにより、弊社が運営するサービス「reflexa」で利用されている連想検索インデックスを用 いた関連キーワード抽出機能を簡単に利用することができるようになります。
弊社では、継続的に「reflexa」サービスの機能向上を行っていく予定です。また、それに伴い、今後Web APIから利用できる機能の機能拡充も並行して行って参ります。

本件に関する詳しい情報はreflexa WEB APIまで
デモサイト:reflexa