NEWS

PFIの最新のニュースをおとどけします

2010年9月1日 15:00:00

日経BPが運営する主要メディアサイトの検索基盤として「Sedue」の導入が決定

2010年9月1日
報道関係者各位
プレスリリース
株式会社 Preferred Infrastructure

日経BPが運営する主要メディアサイトの検索基盤として
「Sedue」の導入が決定
~米国検索最大手ベンダ製品など導入済製品群の一斉切り換え~

株式会社Preferred Infrastructure(本社:東京都文京区、代表:西川徹、以下PFI)は、株式会社日経BP(本社:東京都港区、社長:平田保雄、以下日経BP)が運営する主要なメディアサイトに統合検索プラットフォーム「Sedue」が導入されることを発表いたします。

日経BPは、「Sedue」を導入することにより、日経BPが運営するメディアサイトにおける特定のキーワードが含まれる文章を検索するための全文検索機能と、ある特定の記事と内容が関連する記事を抽出する関連記事推薦機能を横断的に提供いたします。(*1)

日経BPが、本日より「Sedue」を利用して全文検索機能および関連記事推薦機能を提供するのは以下のサイトです。


他サイトでの「Sedue」を利用した全文検索機能および関連記事推薦機能の提供も順次予定されています。

日経BPでは、これまで各メディアサイトごとに全文検索エンジンやレコメンデーションエンジンの導入や運用をそれぞれ行っておりましたが、システム投資の最適化を図るため、各社製品の検討を行ないました。その結果、単一の製品で検索機能およびレコメンデーション機能を実現できる「Sedue」ならば、オペレーションコストの削減が行えることを理由に「Sedue」が選択されました。

また、各メディアサイトごとに検索条件を個別に指定することができること、これまで「ITpro」や「日経メディカルオンライン」で利用されていた関連記事推薦エンジン「Hotate」がそのまま「Sedue」に統合されたため、従来通りの関連記事抽出の精度に期待できることにも高い評価を頂いております。

今後、日経BPおよびPFIでは、行動履歴型ベースのレコメンデーション機能など、「Sedue」を利用したサービスの拡充に努めてまいります。

「Sedue」の導入にあたりまして、日経BP デジタル事業局編成部 部長 三輪 芳久 様より以下のお言葉を頂戴しております。

専門情報を提供している日経BP社のWebサイト読者が満足する検索結果や関連記事表示を実現するには、日々増え続けるキーワードをいち早くシステムに取り込んでいく必要があります。この点においても、Sedueの柔軟なカスタマイズ機能と拡張性は魅力的でした。今後は、Webサイトの編集記事だけにとどまらず、雑誌記事との連携、書籍やセミナーの告知情報のリコメンドなどにも活用していく予定です。

Preferred Infrastructureでは、2006年3月の設立以来、「最先端の技術を 最短路で実用化する」ことを目標に掲げ、今後も、高度な情報処理技術をベースとした検索技術やレコメンデーション技術を提供してまいります。

(*1)「Sedue」導入イメージ図