Manufacturing

工作機械・産業用ロボットの高度化、工場やプラントなどの自動化に関する技術開発

Overview

日本の強みである製造業において、企業がもつ製造技術やノウハウとPFNの機械学習技術を組み合わせ、製造現場にイノベーションを起こすことを目指しています。
PFNは、2015年からファナックと共同研究開発を行い、物体認識、制御、異常検知、最適化などの技術を産業用ロボット・工作機械に適用しています。機械学習・深層学習を活用した新機能は2017年からファナック商品に実装され、製造現場への導入が進んでいます。

  • ・AI熱変位補正機能(機械学習:最適化)
  • ・AIバックフローモニタ(深層学習:異常検知)
  • ・AIサーボチューニング(機械学習:最適化)
  • ・AIバラ積み取り出し(深層学習:物体認識・制御)
  • ・AIサーボモニタ(深層学習:異常検知) ※現在PoC
  • ・AI良否判定機能(機械学習:物体認識) ※現在PoC

また、2019年からはJXTGと石油精製プラントの最適化・自動化において共同研究を開始しています。

Features

バラ積みされたワークの取得動作を0から学習するロボット。ロボットは試行錯誤をしながらデータを集め、深層学習で取得可能性が高い場所を学習する。
(2015年12月公開)

AIサーボモニタ
機械の送り軸や主軸の状態を知るため、その制御データを高速サンプリングして収集し、これに深層学習を適用して異常度を提示します

大規模且つ複雑なプラント設備の自動制御による最適化と、エネルギー資源の効率的な利活用を目指しています

Other Projects

Contact

お問い合わせはこちらまで。