Who We Are

最先端の技術を最短路で実用化する

Preferred Networks(PFN)は深層学習などの最先端の技術を最短路で実用化することで、
これまで解決が困難であった現実世界の課題解決を目指しています。

Vision目指す世界

現実世界を計算可能にする。
自分たちの手で革新的かつ本質的な技術を開発し、
未知なる領域にチャレンジしていく。

私たちはソフトウェアとハードウェアを高度に融合し、自動車やロボットなどのデバイスをより賢く進化させます。
常に変化する環境や状況に柔軟に対処できる賢いデバイスができれば、
物理世界をリアルタイムにセンシングし、現実世界そのものが計算可能になります。

技術を使って、自分たちが見たことが無い、まだ知らない世界を知りたい。
すでにわかっている領域で勝負するのではなく、技術の力で想像を超えた世界に挑戦していきます。

Technology私たちの強み

自分たちにしか実現できない技術で
世界に貢献する

深層学習は、これまでのルールベースのプログラミングでは対応しきれなかった複雑な事象や環境変化に柔軟かつ高度に対応する力を持っています。

PFNの強みは、この深層学習と様々な専門分野の深い知識を掛け合わせた最先端技術の開発です。

自分たちにしか実現できない技術で世界に貢献するために、深層学習のコア技術であるChainerの開発から、大規模な計算クラスタの構築、ロボティクスやライフサイエンスなどの多様な専門分野の探求まで行い、領域を超えた挑戦を続けています。

PFNが取り組む様々なプロジェクト

プロジェクト製造業におけるイノベーション

PFNは、2015年よりファナックと産業用ロボットや工作機械の高度化、2019年よりJXTGと大規模な石油精製プラントの最適化・自動化に取り組んでいます。日本が強みとする製造業のノウハウと、深層学習などの最先端の技術を組み合わせることにより、生産性の飛躍的な向上、革新的な新製品の開発が実現できる可能性があります。PFNは様々な製造現場のイノベーションに貢献していきます。

プロジェクト交通システムにおけるイノベーション

PFNは、自動運転やコネクテッドカーに欠かせない物体認識技術や車両情報解析などを、トヨタ自動車と2014年から共同研究開発しています。

プロジェクト血液によるがん診断

深層学習技術を活用して、少量の血液からがんの有無を判定できる高精度なシステムの開発を目指し、株式会社PFDeNA(株式会社ディー・エヌ・エーとの合弁企業)と共同研究を行っています。将来的には日本国内におけるがん検診の受診率の向上、がんの早期発見による死亡率の低減、健康寿命の延伸、医療費の削減に貢献していきます。

プロジェクト深層学習のコア技術 Chainer

2015年にオープンソースとして公開されたChainerは、Define-by-Run方式によるフレキシブルで直感的な深層学習フレームワークのパイオニアです。現在も活発に開発が進められ、研究者や実務者の第一線の研究開発に応用されています。
また深層学習初心者向けに、無料のオンライン学習資料「ディープラーニング入門:Chainer チュートリアル」を公開し、深層学習技術の学習支援、普及を推進しています。

プロジェクト全自動お片付けロボットシステム

ロボットが身近な場所で活躍する社会の実現に向けて、パーソナルロボットの研究開発を行っています。CEATEC JAPAN 2018では、トヨタ自動車が開発するHSR(Human Support Robot)に最先端の深層学習技術を応用し、物をつかむ・物を置く・動作計画を立てるなど、全自動で部屋を片付けるロボットのデモンストレーションを行いました。

Business事業領域

深層学習はまったく新しい情報技術であり、あらゆる産業分野に技術革新を起こす可能性を秘めています。
PFNは、世界をリードする企業・組織と協業し、様々な分野でイノベーションの実現を目指しています。

  • 交通システム

  • 製造業

  • バイオヘルスケア

  • パーソナルロボット

新規事業領域

  • スポーツデータ解析

  • クリエイティブ

  • 教育

  • エネルギー

Concept私たちの想い

技術としておもしろく、世の中にインパクトをもたらすことにチャレンジする

インターネット上の仮想世界はテクノロジーによって目覚ましい発展を遂げてきました。一方で現実世界には、いまだテクノロジーの行き届いていない領域がたくさん残されており、人がやらなければならない非効率的な作業や危険な仕事もまだ数多く存在しています。その背景には、これまでの技術では現実世界の環境変化や多様性に対応しきれなかったことがありました。

PFNが強みとする機械学習・深層学習の技術は、不確実性に柔軟に対応し、現実世界にインパクトを与える可能性があるのです。たとえば、単純反復作業が得意なロボットに深層学習技術を応用することで、より人間に近い柔軟な判断ができ、複雑なタスクをこなせるようになります。

世の中にインパクトをもたらすためには、最先端の技術を突き詰め、テクノロジーによって変化が起こりうる応用領域を研究していくことが欠かせません。そのためにPFNでは様々な専門性を持つ優秀な仲間を集めています。

最先端の技術を最短路で実用化する

PFN Valuesのひとつに「Learn or Die(死ぬ気で学べ)」を掲げています。技術的に最先端であり続けるためには、メンバー一人ひとりが学び続けて成長し、お互いの専門分野を学び合い、新たな知識を習得していくことが欠かせません。

またスケールするビジネスを確立していくことも重要です。技術の恩恵をより多くの人に届けるために、きちんと収益をあげ、研究開発を加速していきます。

最先端の技術を最短路で実用化する。わたしたちは、コンピュータが生活と産業を一変したように、革新的かつ本質的な価値を持つ次世代のテクノロジーを創造していきます。

Culture組織風土

PFNは企業としてまだ若く、急速に成長しています。

PFNのメンバーとしてすべきこと、すべきでないことは何か?
そもそも私たちは、一体何者で、何を重要と考えるのか?

それを私たちは「PFN Values」として4つの項目にまとめています。
PFN Valuesは「PFNらしさ」を特徴づけるものであり、私たちはとても誇りに思っています。

PFN Values

  • Motivation-Driven

    熱意を元に

  • Learn or Die

    死ぬ気で学べ

  • Proud, but Humble

    誇りを持って、しかし謙虚に

  • Boldly do what
    no one has done before

    誰もしたことがないことを大胆に為せ

Contact

お問い合わせはこちらまで。